Information

  • 10%ではとても足りない

    • "現在衆議院選挙で各党が消費税の5%から10%の引き上げ
      について、賛成・反対の公約を掲げています。

      引き上げが必要な理由は、今後の年金・介護・医療にかかる
      社会保障の国庫負担が毎年1兆円づつ増加するからです。

      反対派は消費税を値上げする前に、無駄を削減して
      それでまかなうと言います。たしかに無駄の削減によって
      何年分かの社会保障費の増分をまかなう予算を、
      生むことはできるでしょう。しかし無駄の削減は一回限り
      のものが多く、永続するものは多くありません。今後何十年と増大する予算をまかなうことは明らかに不可能です。

      北欧やフランス・ドイツなどヨーロッパの先進国では
      消費税20%程度は当たり前です。
      日本が5%で立ち行くなど、ありえないのは明らかで、
      10%でも足りません。

      政府はこの事実を正確に国民に提示する責任
      がありますし、国民は論理的に判断する勇気を
      もたなければなりません。"

    関連エントリー

    ページのトップへもどる

© FXでローリスクでハイリターンの投資は可能なのか?. All rights reserved.