Information

  • キャッシングの総量規制について

    • キャッシング会社では、どこでも融資限度額を設定しています。その金額を超える融資ができない設定になっているわけですが、それとは別に総量規制という制度も設けられています。これはその人の年収に合わせて融資の総額を規制するものです。

      原則として、その人の年収の3分の1を超える融資はできないことになっています。つまり、融資限度額が500万円と設定されている場合でも、年収が300万円の場合は基本的には100万円までの融資となるのです。これは複数のキャッシング会社を利用する場合でも合算されて判断されるため、すでに他の融資を受けている場合は全体が3分の1を超える範囲での融資となります。計画的な返済を行うためにも、この総量規制は妥当な制度といえるでしょう。あくまで無理なく返済できる範囲で借りることが、大前提となるのです。

    関連エントリー

    ページのトップへもどる

© FXでローリスクでハイリターンの投資は可能なのか?. All rights reserved.