Information

  • アメリカの雇用統計

    • アメリカの雇用統計は米ドルを取引してなくて重要です。


      基軸通貨である米ドルは取引量がとてつもなくでかいので、
      世界の市場に与える影響は巨大です。


      社会でも習ったと通りブラックマンデーから始まった
      世界大恐慌もアメリカから始まっています。


      とにかく無視は絶対にできない指標と覚えておいてください。
      その中身はアメリカの日銀短観になります。


      米労働省が毎月発表しており、失業率と非農業就業者数を
      中心に10項目の経済状況を数字化しています。


      就業者数が増えていれば雇用が多い、企業も人手が欲しい
      状況になるので景気は上向きと捉える事ができます。
      こうなると平均賃金も上がるので消費も増えるので
      経済は活性化します。


      お金周りが良くなりますからインフレ傾向になりますね。


      急なインフレが心配になると政府は政策金利を上げることで
      貨幣の流通量を抑えようとします。


      注意するのはインフレ傾向なのに市場があまり上がってこない
      状況です。先行き不透明とめられ、すぐに下降に転じることがよくあります。

    関連エントリー

    ページのトップへもどる

© FXでローリスクでハイリターンの投資は可能なのか?. All rights reserved.