Information

  • 企業の海外取引の影響

    • 海外でも商売を展開している企業は本社は日本にありますよね?
      で、給料は日本円で支払ったりするわけですが、
      海外での上利上げは『円』ではありません。


      では、どうするのかというと、『円』に換える必要が出てきます。
      ということは円が買われるということになり、円高になります。


      円高と言うとオーバーかもしれませんが、規模の大きき企業が、
      『円』に返還した場合には、少なからず為替が変動します。


      これは逆のこともあります。
      もちろん、海外に支払う金額が大きい場合には、円を売って外貨を買うことになります。


      これを知ってる投資家は企業の為替取引のタイミングに
      市場に介入します。


      日本では「ごとおび」と言われ、5と10のつく日に
      決済する企業が多く市場が動きやすくなっています。


      周りの友達も「ごとおび」は忙しいと言っていませんか?
      もちろんこれを御覧のアナタもですけどね(^^


      という関係があうので覚えておいて損はしないと思います。

    関連エントリー

    いざ借りるとなったら消費者金融を一覧にしてあるのでわかりやすい!

    ページのトップへもどる

© FXでローリスクでハイリターンの投資は可能なのか?. All rights reserved.